スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売り上げUPのために、実践できる本

安く売るな!高く売れ 小野達郎

・サービスの1番のこだわりは?
・サービスの思いを伝えていますか?
・サービスを売る時
 「特典(お得感)を付加していますか?
・サービスを売るとき
 「顧客を限定」していますか?

安くしたからといって、売れるわけではない。

☆お客さまの求める「価値」を知る
・自社の商品、サービス価値を創造し、
 その価値を伝えきって売る。
・お客様の求めている「価値」を研究し
 それに合わせて商品をつくり、仕入れ、
 またそれを伝え、売りきる力を持っている者だけが
 勝ち残る。

☆本当にほしいモノしか買わない時代
お金は持っているが、本当にほしい物しか買わない時代

☆ビフォアフォローの重要性
 →買う前に比較、検討させて
  価値を分かりやすく伝える手段
1、こだわりを伝える
2、見学会、相談会を開く
3、安心感を演出する
4、思いを込める
5、特典サービスをつける
6、顧客を限定する
7、意外性で引きつける

☆見たいと買いたいは違う
 見たい客に情報を与え→買いたい客へ
→セールス活動へ
1、売りのニオイを感じさせない
2、見学会、相談会のメリットを伝える
3、価格は打ち出さない
4、参加者の声を入れる
5、参加特典をつける

☆同じ品でも差別化できる
商品への「こだわり」を伝えることで
他店への差別化をする。
接客、POPで・・・

☆こだわりを伝える
つくりのこだわり目の前で作るなど
エンターテイメントも大切
安く売るな!高く売れ!―勝ち残る小売店の売上アップの法則とは? (DO BOOKS)安く売るな!高く売れ!―勝ち残る小売店の売上アップの法則とは? (DO BOOKS)
(2004/09)
小野 達郎

商品詳細を見る

少し前に読んだ本なのですが、
実際に、書いてあった方法をいくつか試してみました。
売り上げ数字にも変化があるだけではなく、
固定客をつかむ手法でもあり、
お客様は同じ話や商品に対しても反応がいいです。
劇的な売り上げUPというよりは、
生き残る方法が書かれているように感じました。

このメモも定期的に読み返しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。