スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老舗に学ぶ個業繁栄の法則 田中真澄

老舗に学ぶ個業繁栄の法則―先人の知恵を活かして自立へ一歩 (個業繁栄講座)老舗に学ぶ個業繁栄の法則―先人の知恵を活かして自立へ一歩 (個業繁栄講座)
(2006/07)
田中 真澄

商品詳細を見る


長く商売を続け
長くお客様に愛していただける方法について勉強しました。
生の体験が書かれているので、
より実践的な内容も多かったです。

商売にとって一番大切なことは、一時的な売り上げや
利益の増加ではなく、信用を築き上げる事。
小売業の仕事は、一方で毎日同じ事を間違いなく
繰り返す基本作業と、お客さまの要望に的確に答えていく
変化の対応と、相反する2つの事柄を含んでいる。
→毎日だからこそ大変で、でも、面白い。
この本を読んで、ますます商いの世界で生きていくことを
心に誓った一冊でした。

もくじ
第1章 老舗に学ぶ6つのポイント
1、老舗の本質とはなにか
2、「虎屋」に見る老舗の実態
3、学校秀才から社会秀才に転身するためにも老舗に学べ
4、21世紀は国民すべてがプロを目指す時代
5、ハードパワーからソフトパワーへ変わる時代こそ
  老舗の知恵が活きる
6、ゼロ成長の下でも活き活きと生きた江戸庶民の生き方

第2章 老舗の家訓に見る商売繁盛の基本を活かそう
1、生きる基本は昔も今も変わらない
2、先祖参拝と親孝行
3、家訓が示す具体的な徳目・・・勤勉
4、           ・・・正直
5、           ・・・倹約
6、           ・・・堪忍
7、           ・・・知足と分限

第3章 日本の老舗と華僑の商法に共通する成功法則
1、人生の切り札は「勤勉」
2、人の協力を得て独り立ちしていく
3、背水の陣で辛抱し、頑張り、独立を目指す
4、倹約に徹し、ビジネスの種銭と人脈を作る
5、常に商売繁盛を志し、絶えず己を鍛え続ける

第4章 サラリーマンからオーナーとなり
    見事に成功をとげた人々
1、老舗の商法は現代の成功者の心に息づいている
2、定年後に独立し「人生の勝負は後半にあり」を  
  証明した・若松隆清氏
3、ELPビジネスに、アロエベラジュースに、
  情熱を傾ける 松田照夫氏
4、定年後に学習塾オーナーに転身、異色の経営で成功
  注目を浴びる 西口正氏
5、生命保険業界に新風を吹き込む
  保険コンサルタント 福地恵士氏
6、老人介護者が希求する
  自動排泄物処理装置を開発した 尾形光啓氏

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。